all about 歯の健康 歯周病のウソ、ホント の間違い



Q1 歯周病予防は歯茎のマッサージが効果的?

マッサージは、予防より治療効果促進の効果がある
歯周病予防のために、毎日一生懸命、歯茎のマッサージをしている人、いませんか? 中には、指でマッサージしているなんて人も…。

実はマッサージは、予防にはあまり効果はありません。歯茎をマッサージするだけでは歯周病の原因の歯の周囲についたプラーク(歯垢)は、ほとんど取ることは出来ないからです。

歯茎のマッサージが効果的場合は、すでに炎症があり、出血を伴うような腫れた歯茎の場合や、歯石などを取り除いた直後など、歯茎を刺激することで、治療の促進が期待できる場合などです。

→A 「ウソ!」

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

この回答者の無知には、びっくりします。
歯周病の原因、歯垢は、バイオフイルムに被われ、粘り気がありますから、ブラッシングしないと取れません。  しかし、歯茎をマッサージすれば、唾液の分泌が良くなり、その洗浄作用である程度予防は期待できます。  NHKのためしてガッテン 8月27日放送の 「常識逆転、自宅で虫歯を治す法」のすごい!だ液パワー
ブラッシングである程度汚れを取り、唾液パワーで洗浄すれば、これ程すばらしい予防効果はありません。
歯垢除去と歯茎のマッサージが同時に出来る回転歯ブラシをお進めするのは、この理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL