長寿県沖縄県の陰り

長寿県であった沖縄にも、近年陰りが出てきた。男性の平均寿命が、1985年までトップだったのが、2000年の調査では長寿ベストテンから滑り落ち、全国平均を下回った。女性の場合はまだトップの座を占めているが、寿命の延びはあまり良くない。しかし、意外な点に気付く。65歳以上の人がさらにどれくらい生きられるかをみる平均余命では、男性は18.45年で全国一である。さらに100歳以上の長寿者は10万人あたり39.5人と、これも全国一多い。

実は沖縄県の平均寿命を引き下げた原因は15-45歳の人の死亡率が全国平均を上回ったからなのだ。なかでも30代以上で糖尿病や肝臓病で死亡している人が多いという。この年代は戦後生まれの若い世代であり、米国の占領下で生活習慣が大きく変化している。

これを沖縄のある医師は「3C」という言葉で表している。1番目のCはコレステロール値の上がりやすい食品、つまりファストフードをよくとるようになったこと。第2のCはシガレット、つまりたばこを吸う人が増えたこと。3番目のCはカー。車に乗る機会が多く運動不足になったこと。

これに加えて生活習慣病を防ぐ野菜・豆腐をたくさん使うチャンプルーなどの郷土料理をとる人が減ってきたことが大きい。行事の時以外はあまり飲まなかった泡盛を、よく飲む人が増えてきたのもマイナスだ。

こんなことから肥満が増え、糖尿病や脂肪肝多くなった。野菜不足は日本全体にもいえること。沖縄の教訓を反面教師としたい。
(新宿医院院長 新居 裕久)

 
2004.11.6 日本経済新聞
 
なぜか?
これと  サトウキビを歯で噛んで食べる習慣がなくなってきたのが、沖縄県民の50歳以下の方々である。
つまり、サトウキビを良く噛んで汁を絞り出して飲んでいることが、ついては唾液の分泌を促し、唾液の洗浄作用、抗菌作用で諸病の原因「歯垢」を洗浄し、沖縄県人を病気から解放していたと考えると辻褄が合います。
 
郷土料理を食べなくなったのも、噛まなくなって、噛まなくて良いマクドナルドハンバーガーを良く食べるようになった若年層が増えたのも影響していると思います。
 
歯茎をマッサージすることで唾液の分泌を促し唾液が良く出ます。噛まなくなった分、回転歯ブラシクルンで歯茎をマッサージしませんか?
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL