軽い痛み、2人に1人受診せず 不況直撃、歯科の4割患者減少



軽軽い痛み、2人に1人受診せず 不況直撃、歯科の4割患者減少
12月31日18時5分配信 J-CASTニュース

 不況の影響で、患者が減る歯科医院が多くなっている。この1年で医院の4割で減少したといい、患者負担が大きいのもネックになっているようだ。義歯を作っても後で来なかったりするなど、歯医者さんもやり繰りに大変だ。

■古い義歯も「修理で何とかして下さい」

  「痛みやしびれといった急性症状以外は、かからない人が多いようです。それも、軽い痛みなら、2人に1人は受診しないという調査結果があります」

全国保険医団体連合会の歯科担当者は、こう明かす。

しかし、痛みをこらえると歯周病が進行してしまい、最悪抜歯になってしまいます。
この痛みは、歯垢から侵入した歯周病菌が原因です。

そこで、回転歯ブラシクルンで、毎日歯垢を取っていけば、その痛みも徐々になくなり、ついては
抜歯の危険性も大幅に軽減できます。

歯垢除去率が普通の歯ブラシ(摩擦式)では、50%~60%ですが、
回転歯ブラシくるんであれば、90%以上です。     (両方とも3分間磨いた場合)

回転歯ブラシクルンは、経済的に恵まれない方の強い味方になります。
又、将来の健康維持にも大きな影響を与えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL