転がるだけで歯垢が取れるわけ



回転歯ブラシクルンは、軽く転がすだけで、歯垢を取っていきますとあります。
擦らなくても、掻き出さなくても歯垢が取れるとは誰も信じませんが、
歯垢は、粘り気がありますので、ブラシの毛先が付けば取れます。
今、歯医者さんが、ブラシを歯茎に45度に宛て毛先を動かさないように小刻みに磨いて下さいと指導されてます。
これは、今までの摩擦式の歯ブラシでも、歯垢を毛先に付けましょうとの指導です。
回転歯ブラシクルンは、従来の歯ブラシの約20倍の22000本の毛が、更に転がることで、次々と歯垢に向かって毛先を付けていきます。
メーカーの動画を見れば一目瞭然です。
http://www.new-century.tv/index.html

更に、通常の歯ブラシの約4分の1の0.076mmの非常に優しく細い毛が、歯茎の上を転がしても歯茎を痛めずに歯の汚れを確実に取っていきます。

ただ、普通の歯ブラシの約4分の1の力で、更に転がることで、力が逃げる構造ですので、磨いた気がしないのが、欠点といえば欠点になります。

しかし、そのような感覚でも歯垢は確実に取りますし、軽く転がす磨き方をされれば、ブラシの耐久性も伸び、3~4ヶ月は持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL