良く噛む簡単ダイエット



食事の時に簡単に出来て、過食を止める事だ出来たのが、良く噛んで食べるダイエットを習慣にしたからでした。
ストレスなどから、過食をしてしまっていた私ですが、良く噛むという事を意識して食事をする事で、食べる量を抑える事が出来るようになりました。
今回は良く噛むという事の重要性を紹介したいと思います。

満腹になるしくみ
人の満腹感は、満腹中枢が刺激され、脳が「もう食べたくない」という指令を出す事で得られます。
つまり満腹感は単に胃袋の中がいっぱいになった結果、得られるものではないとの事です。
良く噛む事で脳の満腹中枢を刺激する事が重要です。

噛む事で過食を防ぐ
良く噛まずに早く食べてしまうと、脳の満腹中枢が働く前に必要以上の量を食べ過ぎてしまい、過食してしまいます。
それを防ぐためにゆっくり食べること、つまりは良く噛んで食べる事です。
良く噛む事で脳の満腹中枢が刺激され満腹感を早く得る事ができます。
良く噛む事はダイエットの基本と言えるとても重要な事です。

食事中に注意した点は次の3つです
1.30回以上噛む。
2.口に入れたら一度箸を置く。
3.飲み込むまで口に次の食物を入れない。

身体が適度な量の食事を憶える
今では、以前早食いしていた時の量を食べる事ができません。よくあんな量を食べていたなと、感心してしまうぐらいです。それだけ余分な量・必要以上の量を食べていたんだと実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL