歯茎をマッサージ

歯周病は、治らないと言われていますが、宝田医院の宝田先生は下記のように月刊誌「安心」で言われています。
『上下の歯ぐきと歯ぐきの根本部分をマッサージすることを進めています。これらの部位には多くの毛細血管やリンパ管が走っています。マッサージでこれを刺激することで、血液やリンパ液の流れが良くなり、歯肉組織への酸素や栄養補給、老廃物の排出が活発になります。その結果、歯周病菌で疲弊していた歯ぐきに元気がよみがえると言う訳です。これらのケアを行うことで、軽度の歯周病はもちろん、これまでは治癒困難と思われた重度な症状にも、確実な治療効果を発揮しています。』

以上のように、今までの歯ブラシは、磨き方によっては、歯垢を残してしまいます。回転歯ブラシは、軽く転がすだけで歯垢を吸着するように取って行きます。更に歯ぐきを磨けますので、今まで届いていなかった所にも毛先が歯垢を取ってまいります。ただ、歯ばかりを磨かれていた癖のある磨き方をされる方には、磨いた気がしません。その様な方は、意識的に歯茎をマッサージするように磨いて下さい。肝心な所に自然と毛先が届き、歯垢を取ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL