歯垢除去と歯茎マッサージに最適な歯ブラシ



歯周病の見分け方

■歯肉からの出血
歯周病(歯槽膿漏)のもっとも重要な症状は、歯肉からの出血です。
歯ブラシをかけたり、リンゴをかじったときなどに、もし出血をしていたら歯周病にかかってると考えていいでしょう。歯周病が進行するに従って、炎症部分が出血しないように、なでるようにみがくため、ますます歯周病を悪化させることが多いようです。
正しくブラッシングしても出血があるようなら、歯周病を疑うべきでしょう。
■口臭がある
一般に口臭は虫歯に食べ物のカスがたまって腐敗したり、歯と歯の間に食べカスがたまってでますが、歯周病の場合の口臭は、これらとは違った一種独特の臭いです。
それは、歯と歯肉の境目に付着した細菌が、歯の根の面に沿って根の先の方に侵入していくと、その部位は空気がとどかないため、歯周病の菌が繁殖します。そして、この菌が繁殖するときに臭いを発するわけです。
したがって、「息がくさい」といわれたら、歯周病の可能性をまず考えたほうがいいでしょう.
口臭は、適切な歯ブラシのかけ方をしたり、歯石を取ったりすると、意外と短期間で消えることもあります。また、消臭剤などでウガイをして、一時的に口臭を消すこともできますが、根本的にとりのぞくには、歯周病を完治させる必要があります。
■歯がグラグラと動きだす
歯周病になると、骨や歯根膜が破壊されて溶けてくるため、自然と「歯がグラグラ」しだします。ところが、ひどくグラグラする場合は別として、普通は気がつかない場合が多いです。 歯というのは、徐々に変化してグラグラと動くようになる、というのが一般的な考え方ですが、例外もあります。歯周病が短期間に急激に進行するケースがあります。ある特殊な細菌が現われたり、あるいは遺伝性の要因がからんでいたりして、急激に骨や歯根膜が溶け、しかもその後、一時的に活動をを停止することがあるということです。
歯が動くというのは、骨が溶けると同時に、歯を支えているクッションの役目をしている歯根膜が溶けるためです。この場合、歯の根についている歯根膜の面積によって、歯の動きが早くでるか遅くでるかが決まってきます。また、歯の根の太さや、数によっても違ってきます。
たとえば、どんなに骨が溶けて歯根膜が少なくなっても、上の大きな歯である第一大臼歯のように大きな根が三脚のように3本ともしっかりしていれば、そう簡単には動くものではありません。だからといって症状が軽いというわけではないことも知っておきましょう。
いずれにしても、自分で歯が動くのを感じるようであれば、かなりの骨が溶けて、歯根膜も減少していて、歯周病は重症だということです。歯が動かないまでも、ものを噛んだときに、何かたよりない感じがした場合には、骨や歯根膜が、ある程度破壊されていると考えていいでしょう。
歯の動きは、左右だけに動く場合と、前後に動く場合と、さまざまです。特に重症なものは、上下に動くから気をつけましょう。

以上のように、歯周病の兆候が出るのが、気が付く頃には重症化していると思った方が良いと思います。
一番大事なのは、普段から歯ぐきを磨くことです。歯ぐきが痛むようでしたら、優しく丁寧にマッサージすれば、歯ぐきは、引きしまり、歯周病が予防できます。

非常に優しく細い毛と、回転することで、歯ぐきに力が加わらない回転歯ブラシは、歯垢除去と歯茎マッサージに最適な歯ブラシです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL