歯周病予防



歯周病予防として、歯科医院で指導を受け、ブラッシングをするが旨くいかないと言う方の声を多く聞きます。

歯と歯茎に対してブラシを45度に当て、毛先を動かさないように小刻みに磨いて下さい。1本1本丁寧に磨いて下さい。言われた通りやっても、やはり次の検査では、必ず、歯肉炎になっったり、歯石を取ったりされます。

日本人の約80%約9000万人が歯周病に罹っていると言われていますが、歯周病が改善したと聞いた方は多くありません。

その理由は、歯と歯茎の隙間は非常に細かく、今のように太い歯ブラシでは毛先は届きません。又こすり付けるタイプだから、歯茎に当って痛くて歯茎を磨くことが出来ません。
その為、ほとんどの方が硬い歯の部分しか磨いていないために歯周病の方が多くなるのです。

歯周病を予防するには、歯と歯茎の間の歯垢を日々確実に取ることです。
その為には、歯茎が磨ける上に、歯と歯茎の間に、歯と歯の間に毛先が届くことが出来る回転歯ブラシクルンが最適です。最初は磨いた気がしないのですが、歯垢の除去率が高いため、気が付いたら歯茎が引き締まり、歯垢を確実に取ってしまい良く噛めるようになります。
歯茎のマッサージは、唾液の分泌を促進しますので、殺菌効果も期待でき、ダブルの口腔ケアになります。一度お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL