歯周病予防は歯茎のマッサージが効果的?



Q1 歯周病予防は歯茎のマッサージが効果的?
マッサージは、予防より治療効果促進の効果がある
歯周病予防のために、毎日一生懸命、歯茎のマッサージをしている人、いませんか? 中には、指でマッサージしているなんて人も…。
実はマッサージは、予防にはあまり効果はありません。歯茎をマッサージするだけでは歯周病の原因の歯の周囲についたプラーク(歯垢)は、ほとんど取ることは出来ないからです。
歯茎のマッサージが効果的場合は、すでに炎症があり、出血を伴うような腫れた歯茎の場合や、歯石などを取り除いた直後など、歯茎を刺激することで、治療の促進が期待できる場合などです。
→A 「ウソ!」
http://allabout.co.jp/health/dentalhealth/closeup/CU20080616A/

うそではありません。歯茎マッサージの意味を理解されていない方の狭い範囲の見解ですね。
歯茎をマッサージするのは、唾液の分泌を良くすることで、口の中の洗浄効果、抗菌効果が期待できます。昔の方が歯周病が少ないのは、物を良く噛んで唾液の分泌が促進されていたからです。
現代では、磨き残しの少ない磨き方(歯ブラシ使用)に唾液の分泌を良くすればダブルの歯周病予防になり、歯周病を防御できます。

そのダブル効果を回転歯ブラシクルン1本で実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL