歯医者以外に歯周病を治す方法ありますか?



一本の歯ブラシを使われることをお進めします。歯周病の原因、歯垢を確実に取ることです。
歯垢は、バイオフイルムに覆われて薬剤では取れないようです。歯垢は粘り気があり、歯ブラシの毛先が届けば確実に取れる性質の物です。歯ぐきに対して45度に当て毛先を動かさないように小刻みに振動させて磨くと歯医者さんが指導されるのは、この歯垢の性質からです。歯垢除去と歯ぐきのマッサージで歯茎の血行を良くし、唾液の分泌を良くすれば、健康な歯ぐきが実現できますが、歯肉炎(歯周病)になってしまうと皮膚炎ですから出血してしまいます。
歯垢を確実に取り、歯茎を痛めないように磨けば、歯周病が防げ口臭も抑えられます。しかし、磨きすぎて、歯茎を痛めると健康な歯ぐきの方も出血してしまいます。
ブラッシングの副作用 http://www.i-dc.jp/IDC/chiryo/burashi20.html
歯と歯茎の間の歯垢を取る場合、今の摩擦式の歯ブラシでは、丁寧に磨けば磨くほど、歯茎を傷つける可能性があります。
そこで、回転することで歯垢の溜り場、歯と歯の間の隙間に自然と毛先が入って行く構造で、歯と歯ぐきの上をこのブラシを転がすだけで、歯垢を効率的に除去すると同時に歯ぐきをマッサージし、歯ぐきを引き締める回転歯ブラシが一番良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL