歯ぐきも痛めない歯ブラシ



■歯周病とは
歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨(アゴの骨)を溶かしてしまう、これが歯周病(歯槽膿漏)という病気です。

■メカニズム その1 <細菌の繁殖>
歯垢や歯石がたまると、ここをかっこうのすみかとして歯と歯肉の境や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が繁殖します。この細菌こそが歯周病を引き起こす原因となります。
●歯垢とは
歯のくぼみ、溝についている細菌を歯垢といっています。歯をツメでこそぐと、ツメについてくる黄白色のねっとりとした塊まりが歯垢です。歯の表面で育ったバイ菌が主成分です。歯垢の1mgのなかには、およそ2億の細菌がいて、温度と水分と栄養に恵まれた快適な生活をおくっています。
この細菌たちは、つねに美味しいエサを求めながら成長しようとたくらんでいます。そのエサというのが、人間の口に入る食物です。さらにやっかいなのは、この細菌たちは、一度エサにありつくと、どんどん増える性質があります。そしてこの細菌たちが格好のすみかとしているところが、歯と歯肉の境、歯と歯の間や、歯のくぼみなどです。
●歯垢から歯石へ
歯垢の中の細菌は、唾液の中のカルシウム成分と混ざり歯石(しせき)をつくります。目の非常にこまかい、小さな空洞のある軽石状のものが歯石です。歯石には栄養分が含まれているため細菌にとっては非常にありがたい「たまり場」でもあります。
表面が軽石状、つまりデコボコしているため歯垢や食べカスがたまりやすく、細菌にとっては願ってもないよいエサ場となって、細菌は雪ダルマ式に増えていきます。軽石状とはいえ、歯石は、ダイヤモンド、オパールの次といわれるくらい硬いものです。そして古くなるにつれて、どんどん硬くなっていきます。
したがって、軟らかい食べカスや歯垢は、歯ブラシなどで磨けば取りのぞけますが、歯石はとれません。 歯と歯肉の境目にたまって、目に見える歯垢は好気性菌の集団です。この好気性菌は酸素のとどく範囲内で繁殖します。

このことから、歯周病の予防は、歯垢を日々取り除くことです。
歯垢は、粘り気があり、擦っても良く取れません。近年、歯科医師の方が指導される正しい歯の磨き方は、歯垢に毛先を付けましょうと言われているのですが、一部の歯科医師はその意味も飲み込まれていません。

今の歯ブラシの欠点は、約1100本で硬いナイロン毛であれば、歯茎に対して擦って磨けないため、硬い歯ばかりを磨いていて磨き残しの歯垢があります。これが歯周病を発症しています。

そこで、回転歯ブラシクルンをお進めする理由は、非常に細い毛が転がることで歯と歯の間に自然と入って行き、今まで取りづらかった歯垢を約22000本の高密度植毛の毛が確実に取っていくのです。転がすだけですから歯ぐきも痛めません。
欠点は、磨いた気がしないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL