擦って磨いても、歯垢はなかなか取れません。

擦って磨いて、泡立てて歯磨きされていますが、歯を悪くされる方は、増えるばかりです。なぜ取れないのか?
歯医者さんは、そのため、ブラシを歯茎に45度に合わせ、毛先を動かさないように(擦らないように)小刻みに動かしてくださいと言われます。
しかし、毛先が固くて、約1100本と少ない数のナイロン糸では、根本的に歯茎を磨けません。
磨き方自体を考える必要性と、使っているブラシの問題もあります。
0.076mmの極細毛で約22000本の高密度植毛、更に転がることで毛先が歯と歯の間のような窪みに自然と入って行く回転式歯ブラシの必要性が増しています。
歯茎と歯を同時に磨け、更に歯茎のマッサージで唾液の分泌を良くする回転式歯ブラシ(クルン、くるくる歯ブラシ、歯垢トルトル)がこれからの健康維持には、大いに役立つものと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL