口臭予防は、回転歯ブラシクルン



口臭の原因の約80%が口の中にあります
歯周病・むし歯(ぴったりと合っていない銀歯なども含む)・義歯の汚れ・舌苔 など・・・。
一般に口臭は虫歯に食べ物のカスがたまって腐敗したり、歯と歯の間に食べカスがたまってでますが、歯周病の場合の口臭は、これらとは違った一種独特の臭いです。
それは、歯と歯肉の境目に付着した細菌が、歯の根の面に沿って根の先の方に侵入していくと、その部位は空気がとどかないため、歯周病の菌が繁殖します。そして、この菌が繁殖するときに臭いを発するわけです。
したがって、「息がくさい」といわれたら、歯周病の可能性をまず考えたほうがいいでしょう.
口臭は、適切な歯ブラシのかけ方をしたり、歯石を取ったりすると、意外と短期間で消えることもあります。また、消臭剤などでウガイをして、一時的に口臭を消すこともできますが、根本的にとりのぞくには、歯周病を完治させる必要があります。

口臭の元は、歯と歯ぐきの間に溜まった歯垢が原因と思われます。
まず、今の摩擦式の歯ブラシでは、どうしても磨き残しが出てしまいます。
そこで、回転歯ブラシクルンが、回転することで歯垢の溜り場、歯と歯の間の隙間に自然と毛先が入って行く構造で、歯と歯ぐきの上をこのブラシを転がすだけで、歯垢を効率的に除去すると同時に歯ぐきをマッサージし、歯ぐきを引き締めます。

回転歯ブラシクルンでパーフェクトブラッシングで、口臭をシャットアウト。
更に歯ぐきマッサージで新たな口臭の目を取っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL