今までの歯ブラシと根本的に違う回転歯ブラシ



従来の歯ブラシは、擦ったり、掻き出したりして磨く歯ブラシです。
この60年~70年、皆さんこの歯ブラシに慣れています。

しかし、今歯医者さんが進める磨き方は、毛先を動かさずに小刻み磨きましょう。
このやり方では、擦ったり、掻き出したり出来ません。

その意味するところは、研究の結果 歯垢は、擦ったり、掻き出したりしても取れないことが
分かり、毛先を歯垢に付けようとしていることが伺えます。

しかし、約1100本しかない従来の歯ブラシでは、限界が見えています。

それに対して回転歯ブラシクルンは、約22000本の毛と転がすことで、毛先が自然と歯と歯の間に入って行き、歯垢を短時間に素早く取っていく優れものです。

更に、軽く転がすだけですから、歯茎を痛めません。

欠点は、今までの擦ったり、掻き出したりする磨き方に慣れた方は、磨いた気がしないことです。

磨いた気がしなくても、しっかり歯垢を取っていく回転歯ブラシの実力は、従来の歯ブラシの50倍、100倍の力を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL