ソニックケアのような音波歯ブラシ、GUMなどに関してもどこまで信憑性があるのか



PCクリニカのCMで、人工的にプラークを作って分解される映像を用いたものがあったそうですが、現在でもそのようなものを人工的に作ることはできないといったような情報を下さった方がいます。私は無知で、てっきり分解してくれるものと信じて愛用して[買い置きが、まだ10本くらいあるーー;]いるのですが、デンターシステマも歯科医の方に言われたように浸透殺菌してくれるなんて、信じるに値しないようで非常にがっかりしていますーー;医薬部外品には、薬効はないということはなんとなく理解できたのですが、心配性なので、これぞ効くぞ信用できるぞってものがあるのなら、そんな商品に関する情報も寄せて頂けると嬉しいです。以前、歯医者さんも勧めるってCMをよく目にしましたが、超音波歯ブラシや、ソニックケアのような音波歯ブラシ、GUMなどに関してもどこまで信憑性があるのかも併せて知りたいです。

一つ考えてください。現在日本人の成人の80%が歯周病を患っていると言われています。
http://www.fukutomi-dental.com/periodontitis/periodontitis/p
これだけ多いのに、薬で治ったと聞いたことがありません。
歯垢はバイオフイルムで覆われて、薬品では分解しないのです。ですから、歯周病の治療は歯磨きに始まり歯磨きで終わる、発見さえ早ければ、完全に治るのが歯周病です。歯を削ることも、ましてや1本も抜かずに、歯ブラシ1本で治せることもあります。人によっては、病状がかなり進んでいても、歯磨きを励行することで治る場合さえあります。
しかし、それでも良くなった話は余り聞きません。これは、今の歯ブラシでは、どうしても磨き残しがあるためにそこに歯垢が溜まり、バイオフイルムで防御しているためです。歯垢の中の細菌は、唾液の中のカルシウム成分と混ざり歯石(しせき)をつくります。目の非常にこまかい、小さな空洞のある軽石状のものが歯石です。歯石自体には、細菌は含まれていませんが、小さな空洞に細菌が繁殖することが、怖いのです。この小さな空洞にも今のブラシの径では、入っていきませんから、菌を繁殖させるのです。
音波歯ブラシは超微振動です。一見非常に良いように思われますが、シックやジレットの電動のカミソリをイメージして下さい。
この微振動のカミソリで怪我をされたと聞いたことがありません。つまり、歯磨きで大事なことは、小さな空洞にでも、歯と歯の間の隙間にでも、毛先が届くことが大事なのです。カミソリのように微振動であれば、電動歯ブラシも毛先が隙間に届いていないのです。要するに、歯垢は粘り気がありますから、毛の先が歯垢に届けば、毛先に歯垢が付き取れていくのですが、摩擦式のように毛の中程を歯垢に当てても、歯垢は取れません。
今の歯ブラシで磨いて、硬い歯と柔らかい歯茎を同時に磨くことは、非常に難しいです。ですからその隙間に食べかすが溜まり、歯垢となり、歯周病になるのです。ブラッシングの仕方を教えられますが、今のように太くて硬い隙間の多いブラシでは、歯垢は良く取れません。
歯周病は、治らないと言われていますが、宝田医院の宝田先生は下記のように月刊誌「安心」で言われています。
『上下の歯ぐきと歯ぐきの根本部分をマッサージすることを進めています。これらの部位には多くの毛細血管やリンパ管が走っています。マッサージでこれを刺激することで、血液やリンパ液の流れが良くなり、歯肉組織への酸素や栄養補給、老廃物の排出が活発になります。その結果、歯周病菌で疲弊していた歯ぐきに元気がよみがえると言う訳です。これらのケアを行うことで、軽度の歯周病はもちろん、これまでは治癒困難と思われた重度な症状にも、確実な治療効果を発揮しています。』
つまり、歯と歯ぐきを同時にブラッシングとマッサージが出来るブラシが必要になります。
回転歯ブラシクルン)と言うちょっと変わった歯ブラシがあります。
これは、回転することで歯垢の溜り場、歯と歯の間の隙間に自然と毛先が入って行く構造で、歯と歯ぐきの上をこのブラシを転がすだけで、歯垢を効率的に除去すると同時に歯ぐきをマッサージし、歯ぐきを引き締めます。
これであれば、一番取らなければならない隙間に毛先が届き、歯垢を確実にとり、歯ぐきを痛めません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL