インフルエンザの歯磨き予防法



インフルエンザの歯磨き予防法 ためしてガッテン インフルエンザの予防・対策
NHKが今年2月4日、情報番組「ためしてガッテン」で紹介したインフル予防法について、一部の内科医や感染症医が「医師など専門家の裏付けコメントが一切なく、釈然としない内容だった」と首をかしげている。

 かかってしまうと厄介なインフルエンザですが、その発症率を1/10にする意外な予防法があるとのことです。なんと私たちが毎日行っている歯磨きだそうですよ。なんでも歯垢から発生した酵素が、ノドの粘膜を破壊して、ウィルスを体内に入りやすくしてしまうんだそうです。そこで、その細菌の元である歯垢を歯磨きでキレイに取り除いてやることで、ウィルスにかかりにくくすることができるそうですよ。歯垢は、歯と歯肉の境、また歯と歯の間に多く溜まってしまうそうです。歯と歯茎の間に歯ブラシが直角に当たるようにして、小刻みに動かして磨くのがポイントだそうです。また歯と歯の間は、歯間ブラシなどを使って効果的に取り除くことが大切だそうです。専門の先生は、日頃行っている歯磨きを丁寧に行うよう心がけるだけでも、かなり効果があるとおっしゃっていました。さらには、舌にも菌がたくさん付いているそうですので、奥から手前へ優しく磨くことで、菌を取り除くことができるとのことですよ。

しかし、この事例は、歯科衛生士さんが丁寧に磨いた場合の事例で、今までのように磨いたつもりの感覚では、磨き残しの歯垢が残ってしまいます。
この磨き残しもほとんどなくなる回転歯ブラシであれば、歯垢を吸い付くように取ってしまい、ウイルスの付着を防げる優れものと思われます。歯ぐきを痛めずに歯垢を確実に取る回転歯ブラシが、インフルエンザの予防対策にも大きな力を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL