お口の清潔を保つには、唾液が重要です。

お口の中を清潔に保つには、唾液が重要ですが、現代人はあまり意識していません。汚れを薬や歯磨き粉に頼っていますが、虫歯の方、歯周病の方は年々増えるばかりです。
 
唾液を良く出すためには、良く噛んで(1口30回の咀嚼)が必要ですが、現実は咀嚼回数10回程度です。
それを補ううえでは、歯茎のマッサージをして唾液を出すことが重要です。
 
回転歯ブラシは、歯と歯茎を同時に磨けます。なぜか、毛が柔らかくで歯茎に当たっても痛くないからです。
歯茎のマッサージと歯と歯茎の間の隙間を重点的にブラッシングすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL